• カゴの中を見る
  • 商品数 0 点(¥ 0

お客様インタビュー

岩崎 理加さんプロフィール

株式会社ウィルフォワード 映像クリエイター [http://willforward.co.jp/]
1989年台湾台北市生まれ。2歳半の時に父親の仕事で家族とともに渡日。高校時代は図書館に入り浸るほど本を読み、独自の感性に磨きをかけた。大学2年で映像作品の制作を始め、以後マーケティングコンサルティング会社ウィルフォワードのインターン生としても活動。卒業後、同社に入社してからは「動画でファンづくり」を提唱し、企業とお客様との架け橋となるような、心に響く映像制作を手がけている。
使い始めたきっかけは、ラメリア・ジャパンの映像制作の際に紹介され、プレゼントされたことからでした。今泉社長ご自身から、この化粧品にかける強い想いを先にお聞きしていたので、いったいどんな化粧品なんだろう、他の化粧品とどこが違うんだろうと、ずっと気になっていたんです。
まさに“クリームオンクリーム”という状態でした。冬は特に乾燥がひどいので、化粧水の後でハンドクリーム、さらにセラミドクリームをしっかり重ねて塗っていました。

ですから、保湿美容液がディープグロースエッセンスたったひとつだけと聞いた時には、本当にそれだけで大丈夫か、乾燥しないかと心配でした。

使い始めは物足らないような、乾燥が少し気になるような感じだったのですが、使い続けていくと、だんだん肌そのものが強くなってきた気がしたんです。そのうち肌自体が潤うようになってきて、これには驚きました。
ラメリアの化粧品はとにかく楽。化粧落としを忘れても肌荒れしないし、スキンケもあっという間。忙しい私には最適です。

以前は、重ねたクリームを肌になじませるのに時間がかかりました。そこを慌てて手抜きすると化粧が崩れてしまう。また夜も忙しくて、乳液だけで寝てしまうと翌朝の肌がカピカピになっている。そんな繰り返しも、今思えばかなりのストレスでした。

仕事柄、夜遅くまで作業にかかることもあるし、一日中、外で紫外線にさらされながら映像を撮ることもある。そんな中で、時間をかけなくても肌にとって必要なケアができることがとても嬉しいですね。
現在はドラッグストアでも雑誌でも、本当にたくさんの化粧品を目にしますが、ここまで作り手の想いが伝わるものはラメリアが初めてです。たった3アイテムにこだわっていることも、アイテムひとつひとつの完成度にしても、隅々にまで開発者である社長のこだわりが見えるのです。

届いた箱もすごく綺麗で、大切につくられた製品なのだということが伝わります。ただ、それ以上に感動したのは、箱の中に私に宛てた社長の手書きの手紙が入っていたこと。これをすべてのお客様に書いているとお聞きした時にはびっくりしました。

肌で悩んでいるならまず試して欲しい、私も本当にそう思います。

岩崎さんに制作をしていただいた、「ラメリアジャパン開発ストーリー」をご覧いただけます。